情報セキュリティ方針

株式会社タカダ(以下、当社という。)は、お客さまからお預かりした情報資産をはじめ、業務上取扱う情報を適正に管理し守ることが第一と考え、情報マネジメントシステムを確立し維持、改善に努める事を宣言します。

 

【適用範囲】

事業本部、中部支店が取扱う情報資産を対象とします。情報資産とは電子データ、紙媒体だけではなく、当社が必要と判断したものを対象とします。

 

【情報セキュリティの構築】

経営者を責任者とした情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、円滑な推進のため「マネジメントシステム委員会」を設置し情報セキュリティの維持向上に努めます。
また、運用状態を定期的に監査し改善に努めます。

 

【法令及び規則の遵守】

当社は情報セキュリティに求められる全ての法令、規則を遵守します。

 

【教育・訓練】

従業者に対し、職務に応じた情報セキュリティ教育・訓練を継続して実施します。

 

【情報資産の保護】

当社は、情報資産のリスク評価を行い、リスク対応を計画し適切な情報資産の保護に努めます。

 

【事故の予防と発生時の対応】

情報セキュリティ事故の防止に努めます。また事故が発生した場合には速やかに対応し、再発防止策を講じます。

 

【継続的改善】

情報マネジメントシステムのレビューを定期的に行い、法令の変更や社会的、技術
的変化に応じた改善に努めます。

 

【社内外への通知】

この情報セキュリティ基本方針は要請のあったすべての人に印刷物を渡し開示します。

改定:平成28年 7月 1日

株式会社タカダ
代表取締役社長 平松 圭一